Just another WordPress site

『死にあるき』1巻ネタバレ。|【周りの家族が次々と死んでいく。不気味な女子高生の話。】

自分の家族が次々と

目の前で死んでいくのを

冷静に見ている資産家の娘、

黒須朱鷺子。

 

何故彼女が近くにいると

みんな死んでいくのか・・・?

 

かなりミステリアスで不気味な女の子に

背筋が ゾッと する漫画、

 

”死にあるき”

 

を電子書籍サイトの

ハンディコミックで読んでみました。

⇒ハンディコミック

※「死にあるき」で検索するとでてきます。

 

 

資産家である黒須時宗は、

自宅で血を流して死んでいました。

その孫である黒須朱鷺子は、

その遺体を発見するも取り乱すことなく、

祖父の死よりも、

死の直前まで祖父が読んでいた

本の方に興味をしめします。

 

朱鷺子は

兄弟姉妹が死のうとも

親が死のうのとも、

顏色1つ変えずにいるため

その異様な雰囲気に

家族からも1歩引かれている存在です。

 

そして、

 

彼女に近づいた家族が

死んでいく原因としてうすうす感じるのが、

朱鷺子のことを少しでも

非難した人物

ということです。

 

一体何がどうなっているのか?

警察が事件性があると調べ始めますが、

皆が不可解な死を遂げているため

捜査は難航します。

 

朱鷺子の存在と家族の死は

偶然なのか?それとも・・・

 

⇒無料試し読みはコチラから

※「死にあるき」で検索するとでてきます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。