Just another WordPress site

『子供を殺してくださいという親たち』1巻ネタバレ2巻の展開は?|【作者が実際に見てきた精神病の現実が恐い!】

こんにちわ。

サイト管理人のみゆきです。

久々のブログ更新です。

 

電子書籍サイトの

ブックライブで

気になる漫画を見つけたので

紹介します。

 

現代病ともいえる、

極度の精神統合失調症、うつ病、

パニック障害、ひきこもり、などなど・・・

 

現代病を患った子どもを持つ

悩める親たちからの依頼を受けている、

漫画の筆者本人の体験談が赤裸々に

生々しく描かれている、

 

「子供を殺してください」

という親たち

 

です。

 

筆者である精神保健事務所の所長、

押川剛さんの元へと

相談にやってくる親たちは

手が付けられないほど

精神的に病んでしまった

ワケありな子どもを抱えています。

 

その現実がリアルに描かれいるので

かなり衝撃を受け、

自分の子供がこんなだったら・・・

と恐くなります。

 

親を殴ったり、包丁で切りつけたり

ペットをバットで撲殺したり

過激な場面が多く出てくるので、

読む際はご注意ください。

 

⇒ブックライブ

※「子どもを殺してください」で検索するとでてきます。

 

精神病を患ったワケありな子どもたち。

この漫画の作者である押川剛は、

極度の精神病を患っていながら

子どもたちを放置している

親たちの相談を受けている

トキワ精神保健事務所の所長です。

 

漫画の主人公は押川本人と、

助手の実吉あかねです。

 

この漫画に出てくるのは、

弁護士一家で名門大学に進学し

将来有望だった息子が

精神統合失調症によって

意味不明な言動を繰り返し、

庭で全裸になってバットの素振り、

飼っていた猫を理不尽にバットで撲殺など

入退院を繰り返すも症状が悪化して家庭崩壊、

 

父親の母親へのDVを幼い頃から見ていた

息子がアル中になって脱糞、失禁あたり前で

父親と同じように暴力や殺意を剥き出し、

それを放置していたら父親に

包丁で切りかかり家庭崩壊、

 

など、

病院に入院しても治らず、

いつしか愛する自分の子供を

厄介者扱いをしている親たちです。

 

⇒無料試し読みはコチラ

 

自分の子供を殺したい親たち

「子どもをいっそのこと殺して欲しい」

 

そんな身勝手過ぎる親たちが

押川のもとへと相談にやってきます。

 

この漫画に出てくるすべてが

現実に起きていることで、

作者が実際に体験したものばかり

ということで読むに堪えがたいものがあります。

 

ただ、子どもの精神病の大半が

親からの影響が大きいことを知り、

納得してしまう自分が嫌になります。

 

⇒ブックライブ

※「子供を殺してください」で検索するとでてきます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント