Just another WordPress site

『子供を殺してくださいという親たち』1巻結末気になる2巻|【精神病の我が子に殺意を抱く親たちが酷すぎる!】

電子書籍サイトの

ブックライブで読んだ、

作者の押川剛さん本人が

見てきた精神病を患った子どもを持ち

途方に暮れる家庭の現実を漫画化した

 

「子供を殺してください」

という親たち

 

自分の子供を殺したくなるくらい

精神病という病は本人も周りも苦しく、

切ないものだということが

この漫画から痛いほど伝わってきます。

 

精神統合失調症、パニック障害、

ひきこもり、DV、不登校、薬物・・・

 

精神を病み、

親への暴言や暴力を繰り返す

心身ともにボロボロになった子どもたちは

結局、親からの影響が

大半とういう事実が描かれていて、

読んでいて怖くなりました。

 

漫画の中には親への過激な暴力や

暴言のシーンが多く出てくるので、

精神的ショック覚悟で読んでください。

 

⇒ブックライブ

※「子供を殺してください」で検索するとでてきます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。