Just another WordPress site

『子供を殺してくださいという親たち』ネタバレ|【精神病の子どもを持つ親たちの悲痛な嘆きの実話。】

こんにちわ。

サイト管理人のみゆきです。

 

自分の子供が、

ある日突然精神病を患ったら

どうしますか?

 

統合失調症、パニック障害、

DV、ひきこもり、不登校・・・

考えるだけでも気が重くなります。

 

電子書籍サイトの

ブックライブで読んだ、

 

「子供をころしてください」

という親たち

 

には、

子供が精神病を患い、

手が付けられなくなって

途方に暮れる親たちの

リアルな現実が描かれています。

 

この漫画は、

作者である押川剛さん

本人が実際に見てきた

精神病のすべてが描かれています。

 

⇒ブックライブ

※「子供を殺してください」で検索するとでてきます。

 

1巻の1話から恐い・・・

父親と母親が弁護士という

家柄で一流大学に入学し、

将来が約束されていた

荒井慎介(21歳)は、

 

ある日を境に、

教科書をさかさまに読んだり、

意味不明な言葉を突然叫んだり、

髪の毛を金髪にしてタレントを目指すと

母親に何百枚も写真を撮らせたり、

飼っていた猫のミィをバットで

殴り殺したり、

奇行が目立つようになってきて

両親は限界を感じていました。

 

彼の病名は”統合失調症”。

 

しばらく通院していましたが、

症状はどんどん悪化するばかりで、

慎介はいつしか放置状態に。

 

作者である押川剛(漫画の主人公であり本人)

は、家庭で放置された慎介を、

再び病院へと誘導し治療を再開させます。

 

⇒無料試し読みはコチラ

 

壮絶過ぎる精神病の現実がヤバい。

押川が所長として経営する、

トキワ精神保健事務所は、

 

精神医療の処置を必要としながら

適切な対応とられていない

子どもたちを親からの依頼で、

医療と繋げるというのが業務です。

 

1巻には統合失調症だけではなく、

 

アル中になって暴力を奮い、

包丁で切りかかってくる

ハゲた息子を持つ家庭や、

 

近所に大声で怒鳴り散らす

ひきこりの姉を持ち、

昔からの姉妹の確執に悩む女性、

 

など、

かなり衝撃的な話が出てきます。

 

話すべてが作者である押川さんの

実体験であることを考えながら読むと

かなり恐怖で切なくなってきます。

 

⇒ブックライブ

※「子供を殺してください」で検索するとでてきます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。